Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
■□ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■□ カメラデート in 福岡 −NIIHARA編−

先日の門司港カメラデートの友人と、岐阜から来てくれた初めましてな友人と


3人で1泊2日な福岡カメラデートをしてきました。


1日目は私のアテンド^^


ランチのお店に選んだのは、こちら♪


ちょうど1年前に来ていた、NIIHARAさん。


体が喜ぶ、お野菜ランチはこの日も絶品でした〜♪


メインはとうもろこしと大葉の豆腐まんじゅう


プチプチもちもちの玄米が進む進む^^


2人もとっても、喜んでくれてよかった♪




生憎の雨でしたが、歩いて散策しました。。。





| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 八女連れ回し ーMuff & RailCAFE編ー



ずっとずっと来て見たかったお店Muffさん。

八女本町の真ん中に位置する市役所前の交差点にどーんと鎮座しています。

瓦屋根とガラスのイラストの異色感が、、、ため息もののオシャレ!



何で来て見たかったかと言うと、、、

製作所No.302のtO:moちゃんのアイテムを扱っているお店さんなのです。

拘りのある店主さんに認められた革アイテム。

どんな風にお店に溶け込んでいるのかこの目で確かめたくて。。。



同空間にRailCAFEさんもあり、コーヒーを挽く度にいい香りが店内に。

ちょうどMuffのオーナーさんが席を外されていたので

コーヒーを頂きながら待つことに。。。

どこを見ても絵になる空間に写欲はヒートアップ!

許可を頂いてパシャパシャ連射スタートです。



実店舗のない和菓子職人さんのどら焼きとコーヒーとのセット。

この日は期間限定の苺のどら焼きも。

あんことコーヒーて何でこんなに合うんでしょ〜♪♪♪


写真に、コーヒーに、そしてオーナーさんとの会話にまったりしながら

名残惜しい八女時間の最後となりました。。。


また、ゆっくりと散策に来たい場所です^^


(八女にお越しの際は市役所の駐車場をご利用くださいね。無料開放してます!)


| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 八女連れ回し ーうなぎの寝床編ー



ao cafeを後にして向かったのは、、、

筑前地方・九州のものづくりを伝えるお店「うなぎの寝床」さん。

八女で訪れたお店の皆さんがオススメするお店さん。



入り口の白い暖簾に、低い小さな引き戸を開けると広い店内。

まさに店名そのままなお店さんです。


とても気さくな店主さん。

なんと大分の大学出身とあって、余計に話も弾みます♪



まだまだお若い店主さんが厳正した

伝統工芸品や、それを新たな視点で改良されたものまで、、、

手にとってじっくり見たい物ばかり。


ここでは見た目にノックアウトした「来民うちわ」をお持ち帰りしました。

柿渋で染められた和紙は丈夫さと防虫効果があるんだとか。


夏の浴衣が、、、楽しみなお買い物でした^^


最後に向かうは、この日の大本命っ!!



| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 八女連れ回し ーao cafe編ー




先日の茶の文化館のレポートの続き。。。


八女市街地へ降り立って、市役所周辺を散策してきました。

日田の豆田町のような、レトロさ残る街並み。

ランチの場所に選んだのは前から気になっていたao cafeさん。



入る前からテンション上がって、もー大変!

看板に、照明に、バス停!写欲が止まらない。。。



古民家を改装して作られた店内。

窓に寄り添うように配置されたテーブル。

木洩れ陽とアラジンストーブの暖かさに、ついうとうと。。。



玄関も、うんうん、素敵っ!

肝心のランチはと言うと…

オーバー気味の写真で、美味しさ伝わらず(無念!)

お野菜ふんだんに使用したマクロビテイストの限定数ランチを。

久々におからミートを頂きましたが、やっぱり旨旨〜♪


そのまま昼寝したいくらい、心地よい空間でしたぁ〜

さて、お腹も満たして次へ向かうの、は??





| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 日本で最も美しい村


いつかの週末。

福岡は八女の星野村へ行ってきました。

『日本で最も美しい村』連合に加盟している棚田が美しい景色。

(大分では塚原が加盟しているそうですよ)

夏にはホタルの名所としても知られる、名前からしても納得なエリア。


「すすり茶を飲みたい」と言うことで、山奥にある茶の文化館へ。

失礼ながら、、、期待以上の建物に感動!

デザイン性のある立派な梁や、日本庭園に心落ち着きます。



お初の「すすり茶」ここでは「しずく茶」として提供してくれます。

一煎目は数滴のお湯で蒸らした玉露をお椀の蓋をしたまますすります。

まるで濃厚なお出汁のような味わい。


二煎目・三煎目では浸るくらいのお湯を足します。

少しずつ変わる味わいを堪能。


四煎目でようやくたっぷりのお湯で和菓子とのお楽しみ。

実は私はこの辺での味わいが一番の好みです(単に舌がまだ子供なだけ笑)


そして最後の五煎目で、、、茶葉に酢醤油をかけて茶葉を丸ごといただきます!

お浸しのような違和感のない美味しさ〜

ただ、やはり…カテキンたっぷりな玉露はそんなに量は食べられないかも汗



思いがけずなお茶の楽しみ方との出会いでした^^





| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 護国神社 蚤の市 其の二

蚤の市5
真夏の日差しにキラキラ輝くグラス。


蚤の市2
可愛くて、美味しい物たち。


蚤の市3
???な物(照明ですね)



そして、忘れてならない、、、
蚤の市1
中古カメラ。

初めて見るカメラさん、いっぱいでした。



10月27日は、阿蘇で『旅する蚤の市

九州アルゼンチンさんとのコラボイベントだそうで!!

こちらも気になる、楽しそうなイベント♪♪♪


| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 護国神社 蚤の市 其の一

蚤の市8



蚤の市6


蚤の市4


蚤の市7


第17回 護国神社 蚤の市

真夏??と勘違いするほどの暑い中、今回も先が見えないほどの沢山のお客様。


お馴染みのお店さんや、初めて?なお店さんも。


そして結局撮っているのは、、、古モノばかり(笑)


| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 福岡ぶらり −ヌワラエリア編−
 
この日のランチ、行く所は決まってました。

嫌〜〜〜な予感を若干感じながら向かうと、、、はい、”休み”(チーン)

見越していたのか、、、即座にここに変更して入ってみると

わぁぁぁ!!!す、て、きーーー♪♪♪♪
ヌワラエリア2

バーバーマーケット4

ヌワラエリア1

は!ついついテンション上がってしまいました、、、

東方遊酒菜 ヌワラエリア』さんです。


店内のインテリアも気になるのですが

それよりも目を引く本、本、本!!!

壁一面にびっしり本が並んでいます。


こちらはスリランカカリーのお店で

私が注文したのはヌードルカリー。

3種類のスリランカカリーの真ん中に炒めて味付けされたビーフン。
バーバーマーケット3

チキン・大根・レンズ豆の3種類のカレー。

一口食べると、、、スパイスの刺激でお腹がピリピリ!!

だけど癖になる美味しさにスプーンが止まらない。

めちゃめちゃ美味しくって、、、

はぁ〜〜また食べたい!!(ヨダレ)



落ち着く店内についつい長居して、、、まったり。

寝不足だった友人は眠りこけてしまいました(笑)


支払いの際に目を引くコーナー。
ヌワラエリア4

姉妹店にラーメン屋さんもあるようでした。

スリランカで買い付けた紅茶も販売していたので

お持ち帰り〜^^







| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 福岡ぶらり −mariblon編−

 
mariblon1

お気に入りの場所。

真夏並みの暑さの中で歩き疲れ、そろそろ腰を下ろしたくなった時。

頭に浮かんだお店『mariblon』


去年の冬に偶然見つけたcafe。

金・土・日の週末限定でopenする隠れ家的なお店です。


mariblon3


mariblon4


mariblon2


初めて来た人はきっと驚くモザイク壁。

座る場所によって雰囲気が異なる配置に

寡黙で物静かなマスターが丁寧に淹れてくれるコーヒー。


ふぅーーーーーと一呼吸できる

落ち着く空間です。



mariblon(マリブロン)

福岡市中央区今泉1-16-12 2F
092-716-7334

[金] 17:00〜23:00
[土] 13:00〜23:00
[日] 13:00〜21:00


 

| fukuoka レポ | comments(0) |
■□ 福岡ぶらり −Motoy珈琲編−
 
motoy珈琲3

前々から気になっていた珈琲屋『Motoy 珈琲』さん。

写欲そそられる、この外観。

入口からなかなか上に上がれません。
motoy珈琲1

扉にも萌え〜〜♪♪

狭い狭い螺旋階段を登り、ワクワク最高潮!!



ありゃりゃ、、、満席。

motoy珈琲4

とぼとぼと、また螺旋階段を下りるのでした。



motoy珈琲2

メンチカツ、食べたかったなぁ。。。




Motoy 珈琲(モトイ コーヒー)

福岡市中央区赤坂3-12-16 赤坂ビル 3F・4F
092-713-7773

AM11:00〜AM1:00
月曜日休み〔祝日を除く〕






| fukuoka レポ | comments(0) |
| 1/7 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex